腎臓病は早めに治療しよう|健康な身体の保ち方

ナース

腎疾患の治療

笑顔の男性医師

腎臓病は一度発症すると進行を予防できても機能回復はできない。原因は生活習慣病であることが多く、その治療が腎臓病の予防となる。腎臓病の治療には知識が重要である。教育入院は病院に入院し疾患の治療方法を実際に学ぶことができる。

詳細へ

腎臓の病気

老夫婦

腎臓の病気の治療法

腎炎、腎結石、腎不全、ネフローゼ、尿毒症などの腎臓の病気を総称して「腎臓病」と呼びます。一口に腎臓病といってもそれぞれの病気は原因も症状も全く異なります。しかし腎臓の病気のほぼ全ての治療が休養、保温、薬物治療、食事療法が基本となります。これらの治療法の中でも、腎臓病の進行を抑えるには「食事療法」が最も重要とされています。症状が重い慢性腎炎や慢性腎不全となった場合にも、適切な食事療法を継続することで普段と変わらぬ生活を送ることができます。腎臓病が進行し悪化を辿り「人工透析」となった場合においても、食事療法の継続は必要とされています。腎臓病の食事療法とは、塩分とタンパク質の制限に加え、エネルギーを積極的に摂ることが基本となります。

腎臓の病気の食事療法

腎臓病の食事療法は塩分の制限が最も重要とされています。腎臓病になると、腎臓でナトリウムを排出する機能が低下してしまうので、塩分の摂り過ぎは病状の悪化の最大の要因となってしまうのです。特に高血圧の人は、塩分の制限がさらに厳しくなります。塩分の多い代表的な食品が、ソーセージやハムなどの加工食品、かまぼこなどの練り物です。これらの食品は出来る限り摂取を控えた方が良いでしょう。また腎臓病の食事療法としてタンパク質の制限も必要です。タンパク質を摂り過ぎると、腎臓でしか排出できないクレアチニンや尿素窒素といった成分が増えてしまい、腎臓に大きな負担となるのです。最後に腎臓病の食事療法で大切なのが、エネルギーの十分な摂取です。エネルギーの摂取が足りないと、体内のタンパク質を分解しエネルギーにしようとする働きが生じ、結果タンパク質を多く摂取した状態となってしまうのです。タンパク質の制限の意味がなくなってしまうので、エネルギーの積極的な摂取も重要な食事療法とされています。

腎臓治療の現場にて

先生と患者

生活習慣病の増加で腎臓病は今後増加すると予測される。糖尿病専門医の増加が腎臓病の悪化を抑えることにつながると考えられるが、現状透析患者は増加しており、今後も増加すると予測される。腎臓病は予防が重要である。そのためには生活習慣病の改善が第一である。

詳細へ

高血糖に気をつけて

眼鏡の女医

最近、糖尿病のために血糖値が高いことが原因で糖尿病腎症という腎臓病を発症する人が増えています。この腎臓病の初期ではアルブミンというタンパクが尿に出てくるので、この段階で早期治療を始めることが大切です。

詳細へ