腎臓病は早めに治療しよう|健康な身体の保ち方

年配医師

腎臓治療の現場にて

先生と患者

腎臓内科はどうなる

日本人の生活習慣や働き方が変容した結果、近年、生活習慣病が増加傾向です。生活習慣病の中には腎臓病に大きく影響する高血圧や糖尿病、高脂血症などがあり、こちらも増加傾向です。そのため腎臓病は今後も増加が予測されます。ではそのとき腎臓内科はどうなるでしょうか。生活習慣病の増加で近年、糖尿病専門医が増加しています。これは腎臓内科の医師からすると歓迎すべきことで、糖尿病を悪化させる患者が減少する可能性があるので、腎臓病が悪化しないことにつながります。しかし現状、腎臓病が進行し透析にまで至ってしまう患者は年々増加しています。よって腎臓内科の患者数は今後も増加する事が予測されます。生活習慣病に対する治療環境のさらなる改善が求められています。

なぜ予防に注目が集まるか

腎臓病は一度発症してしまうと、治療の中心は腎機能の回復ではなく、進行を遅らせることと合併症を予防することになります。疾患が進行した場合は透析療法が必要となり、生活に大きな制限を抱えることになってしまいます。このような事実から、生活習慣病の方や健康意識が高い方を中心に、腎臓病の予防に関心が高まっています。腎臓病の予防は生活習慣病の予防が一番です。例えば高血圧ですが、この疾患によって腎臓の血管がダメージを受け腎機能が低下します。また高血圧は動脈硬化に陥るため、脳梗塞のリスクも上昇させます。このように生活習慣病は様々な疾患の誘因疾患となっており、ここを改善できれば、様々な疾患や合併症のリスクを回避できることになります。