腎臓病は早めに治療しよう|健康な身体の保ち方

年配医師

高血糖に気をつけて

眼鏡の女医

糖尿病から発症しやすい

腎臓病にはいくつかの種類がありますが、最近患者数が多くなってきているのが糖尿病腎症という腎臓病です。腎臓にはとても細い血管が集まってできている糸球体というものがあります。これは一つではなく非常にたくさんの数の糸球体があるのですが、血管があまりに細いために血糖値が高い状態が続いていると簡単にダメージを受けてしまいます。糖尿病患者の血液は慢性的に血糖値が高い状態になっているので、腎臓の糸球体を構成している血管がだんだん詰まったり壊れたりしてしまい、腎臓病へとつながっていくのです。日本人には脂肪や糖分を摂りすぎている人が多いため、腎臓病の中でも特に糖尿病腎症の患者の数は今後とも増加していくことでしょう。

アルブミンの値に注意

血糖値が高いことが原因で血管に負荷がかかり、その結果として腎臓の糸球体の細い血管が詰まってしまっても、糸球体の数はたいへん多いのではじめのうちは明らかな症状が現れません。しかしこの段階で手を打たずに血糖値を高めるような生活習慣を続けていると、糸球体はどんどん壊れていってしまいます。この糖尿病腎症という腎臓病の場合には、初期にごくわずかな量のタンパクが尿に出てくるので、そのときに気づいて早めに治療を開始することが腎臓病の進行を抑制するために重要になります。この初期に現れる尿タンパクはアルブミンというものなので、健康診断で尿検査を受けたときにアルブミンの数値によく気をつけておけば、腎臓病になっても早期治療によって重症化を防ぐことができます。