腎臓病は早めに治療しよう|健康な身体の保ち方

年配医師

腎疾患の治療

笑顔の男性医師

腎臓の病気に注意です

腎臓病というと一般には慢性腎不全という疾患のことをさす場合が多いようです。この腎臓病は、ゆっくりと進行し徐々に腎臓の機能が低下していきます。一度この疾患にかかってしまうと、進行を遅らせることはできても、腎機能を回復させることはできません。そのため、腎臓病の予備軍の方などを中心に注目を集めています。腎臓病は生活習慣病で悪化するといわれています。特に近年は糖尿病による腎臓病である、糖尿病性腎症が慢性腎不全の一番の原因になっています。糖尿病性腎症は糖尿病が進行することによっておこる、糖尿病の合併症です。治療は原疾患である糖尿病の治療で、食事療法、運動療法、薬物療法をうまく取り入れて、患者のライフスタイルにあわせた治療を行います。

教育入院をご存知ですか

腎臓病の治療は、生活習慣病の治療である場合が多いです。では生活習慣病を発症し、腎臓病になった場合、どのように治療に臨めばいいのでしょうか。重要なのは疾患と治療への理解です。腎臓病の治療は進行を遅らせることが治療の中心です。そのため、どうやったら進行を遅らせることができるのかの理解が重要です。それを援助するのが教育入院といわれるものです。教育入院は、患者の疾患や必要になる治療方法を理解し実践できるようにするために、自宅ではなく病院に入院します。病院では治療に必要な食事を実際に病院が提供し、患者がどのような食生活をすればよいかを学ぶことができます。また疾患の勉強をする時間もあり、専門家による治療教育を受けることができます。